医療脱毛と痛み

魅力いっぱい医療脱毛でできること新宿ver

Google

医療脱毛は医療行為なので、とても痛いのではと不安に思っていました。

医療脱毛と痛み

インターネットで調べてみて、光脱毛とレーザー脱毛の違いは医療行為であるかどうかという違いだということを知りました。

私のイメージでは光もレーザーも同じで、黒い色素に反応して処理をするというイメージがありました。

レーザーのほうが出力が強く、脱毛効果が出やすいのだそうです。

照射する波長が違うそうで、レーザーの波長は集中的に熱を集めて照射するのに対し、光は複数の波長の光を広範囲で照射するという違いがあるのだそうです。

そのためレーザーは照射の威力が強く、医療行為であるということなんだそうです。

威力が強いとはきいたことがありましたが、思っていた以上に強力なようで、少し不安になりました。

ずっと脱毛を考えてはいましたが、実は脱毛に対して否定的な考えが少しありました。

なので余計に、敏感肌でもアトピーでも受けられるといわれましたが、本当に敏感肌でも大丈夫だろうか?と不安になりました。

そこで、私が行こうとしている新宿のお店のサイトを見てみることにしました。

そこは施術前に肌質や毛質などをチェックして、レーザーの照射テストもしているのだそうです。

アトピー性皮膚炎や敏感肌の方も安心して施術ができるお店としても実績がありました。

敏感肌の自分でも受けられるのだと、また嬉しくなってしまいました。

それでもまだ少し不安が残っていたので、お店のサイトに載っているQ&Aを見たのですが、とても参考になりました。

たとえば、レーザー脱毛は痛いですか?という質問がありました。

これははじめての人ならだれでも思うことでしょう。

その質問に対しては、専門の専門医が医療用レーザー機器を使用して、照射部分を冷却しながら施術するので、痛みを感じることはほとんどない、ということでした。

正直、以前のニードルよりは痛くないとは言っても、医療脱毛も痛いに決まっている、と思っていました。

レーザーで施術というと怖いかんじがして、痛かったら嫌だという思いもあったのですが、それも無くなってほっとしました。

記事RANKING

MENU